読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

諸々の諸事情により

日常を豊かにするちょっとしたこと。

関ジャム 完全燃SHOWは題名で損してる。音楽好きは必見

いやー、いままで見逃してたのが悔やまれます。どっかで見逃し配信してないのかな???

 

関ジャム完全燃SHOWは、テレビ朝日の番組です。

www.tv-asahi.co.jp

 

基本的には

前半で毎回ゲストにまつわる音楽の深いトーク

後半で関ジャニ∞を交えたライブセッション

という形で進行します。

 

前半の音楽トークが掘り下げる話が毎回深くて、最近楽しみにしている番組なのです。音楽を生業にしている人からしてみれば当たり前のことなのかもしれませんが、ただの音楽好きの私には毎回驚きと発見があります。

 

いっそのこと、題名を「音楽ツウが語る業界裏話」とかにすればいいと思うんですよね。とか考えながらも、やっぱりこれはブログのタイトルを決めるのとはわけが違うのでしょう。テレビを見るマス層とネット層は違いますもんね。

 

まあ、素人目にはそれくらい深い話をやっているように見えて、楽しんでいるわけです。

 

例えば先週のテーマはざっくり言うと「レキシの何がすごいのか」。

この番組見る前は「レキシ」・・・。

なんかの音楽番組で「縄文土器、弥生土器」って変わった歌を歌ってたなあ。。。

くらいしか記憶がありませんでした。

 

ところがこのユニット、かなりすごい。

元「SUPER BUTTER DOG」というバンドのキーボード担当だった池田貴史さんのソロユニットで、

  • 何はともあれ音楽性が高く(キャッチーな曲も多い)
  • 楽曲ごとに豪華なゲストが参加したり(参加した人にはレキシネームというあだ名がつけられる)
  • ファンクミュージックとコミック音楽の流れを正当に継承していたり、
  • 池田さん自身音楽の枠に収まりきらず俳優業などとしても活躍してたり、

とこれまで知らなかったことにいちいち関心していた始末。

 

斉藤和義さん、椎名林檎さん、松たか子さん、秦基博さん、などなど。

豪華すぎでしょ・・・。

 

基本的な縛りとしては、「レキシ」に関することを歌うということだけのようで、でもそれでいてこれが結構な縛り。キャッチーな曲の中に突如感じる違和感の正体は、常に歴史を題材にした歌詞になっているからなんですね。

 

これ、私もこの回で知ったのですが、ダイハツ「Thor(トール)」のCM曲で使われていたあの曲も「レキシ」だったのですね。

 


レキシ / きらきら武士 feat. Deyonna

 

なんか、この投稿も題名で損していますね。途中からレキシの話になっていました。

 

というくらい、毎回驚きのあるこの番組、これからも録画して見ようと思います(日曜の夜はつらいからね)。

 

それではまた!